付け八重歯、それは安全でかわいくなれるアクセサリー

当サイトからのごあいさつ

雑誌、TVでもオシャレファッションアイテムとして紹介されるようになった付け八重歯!ブームから、付けまつげ、ジェルネイル、エクステと同じように気軽に盛れるオシャレアイテムとして一般的になってきました。今日は付け八重歯初めての方に一体どういうものか紹介していきます!これで「つけ八重歯」についての不安や疑問も解決!

☆付け八重歯ってなんですか?

付け八重歯は、八重歯ならではの可愛さを出すために、歯の表面にプラスチックやセラミック製の歯を付けることによって、八重歯をつくりだすものです!

before

after

☆歯医者さんて苦手なんだけど。。。

食事やハミガキをしても大丈夫な付け八重歯は「歯科医院」でなければつけられません。ドンキホーテで買える八重歯やクラブイベントで作ってくれる八重歯はあくまで「一時的な付け八重歯」です。一時的な付け八重歯は日常生活でつけっぱなしにはできませんのでお気をつけください!

☆歯を削る必要があるの?

付け八重歯の施術は基本的に歯を削ったりしないので痛くないです!安心してください! セラミックで作る方もいらっしゃいますが、外しやすいように医療用のプラスティックで作る方がお薦めです。

☆付け八重歯って外せるの?

外せるタイプと外せないタイプがあります。外せるタイプだとすぐに戻せますが、食事や寝るときは外れると飲み込んでしまって危険なので外していただくようになります。外せないタイプは歯に接着されているので、そのまま食事や歯磨きも可能です。

☆付け八重歯をつけることで問題はないの?

・使い始めは違和感があります。しかし、皆様数日で慣れてしまうようです。付けたけれど、どうしても感触が気になる方は調整も可能です。

・口内炎ができやすい方は、まれに刺激で口内炎ができる方もいらっしゃいます。 どうしても炎症が起きやすい場合は、形を小さくしたり、先を丸めたりして刺激を少なくすることをおすすめします。

・「八重歯はかみ合わせを悪くする」というイメージがあるかもしれませんが、それは本物の八重歯の場合です。付け八重歯は噛み合わせに関係のない歯の外側に付けるものなので、通常歯のかみ合わせには影響しません。

・ハミガキはしにくくなることもありますが、いままでしっかり磨けていたヒトが付け八重歯を付けたおかげでハミガキできなくなったというケースはあまりありません。上手い歯医者さんであればしっかり磨くことのできる形に作ってくれると思います(もちろん毎日しっかりハミガキしていただかないと食べかすがたまったり、歯茎が腫れたりする原因になります。それは付け八重歯をつけていなくても同じことです)。

☆どこでつけられるの?

口の中の施術をしてよいのは歯科医師および歯科衛生士のみです。 コンタクトレンズの処方が眼科医でないとできないのと同じです。 歯科医院であればあとのケアなどもできるので安心です! 但し、つけ八重歯の施術を行っているところは少ないので、可愛くつくってもらいたいなら実績のある歯医者さんを選んだほうが良いでしょう。

☆八重歯って恥ずかしいの?

そんなことはありません。欧米では以前からドラキュラみたいといわれてきた八重歯ですが、近年のクールジャパンにより「八重歯の可愛さ」も理解されつつあります! 八重歯のアイドルさんが欧米でも評価されたりしています。

世界中のフランス語圏でこんな番組も放送されました!

世界中で「付け八重歯」が新たな美容アイテムとして注目されています!

☆注意するべきポイント

・費用は、歯科医院によって様々です。高いからよいわけではありませんし、安いところでもホワイトニングとセットでないとできないというところや、表示金額以外に初診料がかかるところなどもありますのでよく確認しましょう!基本的に健康保険は適用されません。

・作り方によって、その日のうちにできるところと型をとって後日来院する必要があるところがあります。

・歯を削ってつくるところもありますので、施術方法を確認しましょう。健康な歯はなるべく削らない方がよろしいかと思われます。

TVでもお馴染みのデンタルビューティーサロンPureCure、付け八重歯の貴公子、院長増岡先生のコメント

「付け八重歯の作り方は、決まった方法があるわけではありません。つくる人によってかなり形は変わります。私の医院ではその場で形を相談しながら、時に可愛く見える形を提案させていただきながら作っていきます。その日のうちに付けて帰れます。また、実際使っていただいてからちょっと形を変えたいという場合でも、1回目の調整が無料なので安心です。取材以外でもモデルさんやアイドルの方々もプライベートで付けに来ていただいていたりしております。」

取材協力:デンタルビューティーサロンPureCure

http://www.purecure.jp

制作/責任編集:デンタルエステ研究会2012

▲ページトップに戻る